2010年01月08日

2010年1月度の税務アラカルト

【平成22年度の税制改正予定】

・所得税・住民税の扶養控除(下記特定扶養控除を除く)の一部廃止
  15歳以下の扶養控除廃止。子ども手当支給で家計負担は減少。
  23~69歳の扶養控除は存続。

・所得税・住民税の特定扶養控除(16~22歳)の一部減額
  16~18歳の扶養控除の減額。所得税の控除額を63万円から38万円に、
  住民税を45万円から33万円に。
  高校の無償化で家計負担は減少。

・住宅取得時の贈与税非課税枠を拡大
  所得制限つきで、1,500万円に拡大。

・自動車重量税の軽減
  自家用車の場合、0.5トンあたり1,300円安く。

・たばこ増税
  来年10月から1本あたり5円値上げ。



【平成22年度以降に検討させる税制】

・地球温暖化対策税(環境税)の導入

・納税者番号制度の導入

・給付つき税額控除の導入

・中小企業の法人税の軽減税率引き下げ  


2010年01月08日

税務カレンダー1月分

平成22年

1月の税務カレンダー


日付税 務 内 容
01・1221年12月分源泉所得税の納付(特例は20日)
02・01合計表・支払調書の提出
02・01源泉徴収票の交付
02・01償却資産に関する申告
02・0121年11月決算法人の確定申告
02・015月決算法人の中間申告
02・012、5、8月決算法人の消費税の中間申告
02・01給与支払報告書の提出


新年明けましておめでとうございます。
今月の当事務所の土曜定休日は、9日、16日です。


『今月の税務アラカルト』は左のカテゴリ『税務アラカルト』よりご覧下さい。
  


2010年01月04日

新年のご挨拶

昨年中は皆様方に大変お世話になりありがとうございました。
2010年(寅年)は景気に刺激が欲しいと願う年になりそうです。


そのような中ですが、自分自身においては「ツキを呼ぶ魔法の言葉」(五日市剛)を皆様にぜひ実践して頂きたいと思います。
その言葉とは「感謝します」「ありがとう」「ツイてる」です。
ぜひ実践してみて下さい・・・・あなた自信にが向いて来ます。

今年も他人まかせではなく、自分自身にカツを入れ頑張りましょう。